少年サッカーのコーチが 日々のあれこれを のんびり書くブログ

走ったり 蹴ったり 悩んだり

サッカー

プレイヤーズファースト

投稿日:

少年団では、様々な問題が起きます。
ここで事細かに書くつもりはありませんが・・・

 

よく聞く問題

コーチや保護者から聞いたり、他の方のブログを見ていると、どこの少年団でも起こっているようですね。

①お当番やりたくない問題
②1つ上の学年でプレーしたくない問題
③同学年内のチーム分け問題(特に力分け)
④トレセンに選ばれないよ問題
⑤人数増えると試合に出られる時間が短くなるよ問題
⑥サイドコーチング問題

ここには書ききれないような、小さなことや、しょうもないことまで・・・

 

誰の問題?

これらは誰の問題なのでしょうか?

きっと、みんな『子供のため』に一生懸命なのでしょう。
本当でしょうか?

お当番をやりたくないのは・・・
1つ上の学年でプレーしたくないのは・・・
力分けして下のチームに選ばれて納得いかないのは・・・
トレセンに選ばれなくて納得できないのは・・・
人数が増えて試合時間が短くなると面白くないのは・・・
試合中に声をかけてしまうのは・・・

子供?子供のため??

『子供のために』を隠れ蓑にしていないでしょうか?

 

いろんな問題が起きるたびに思うのですが、選手達は上のようなことを問題として捉えていません。

 

プレイヤーズファーストの精神

プレイヤーズファーストの精神は以下のように定義されています

 

『子どもたちを選手として尊重し、そのプレーのための環境作り、周囲の大人ができるサポートを考えていくこと』

 

選手達のためのサッカーです。

何か問題が起きた時、まずは大人が『選手達のためにどうしたら良いか?』を考えなければなりません。

大人がこれさえ忘れなければ、問題なんて起きないでしょう・・・

 

今していることは、選手の将来に役立つでしょうか?
その声がけは、自ら考える選手につながりますか?

サッカーを通して、選手達の成長を促すために、大人は何ができますか?

 

参加しています!ぽっちとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村




-サッカー

Copyright© 走ったり 蹴ったり 悩んだり , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.