少年サッカーのコーチが 日々のあれこれを のんびり書くブログ

走ったり 蹴ったり 悩んだり

サッカー

体験会をやろう②

投稿日:

2回目の体験会でした。
前回来てくれた子のお友達が参加してくれて、前回よりも多くの子供達が遊びに来てくれました。

 

体験会の内容

アイスブレイクでは、しっぽ取りゲームやボール出しなどを行いました。
その後、ドリブルやパスの練習を行い、最後に試合をやって終了です。

みんな真剣に頑張っていました。

 

名前で呼びます

名前を覚えるのって苦手です。
仕事でも・・・(笑)

でも子供達の名前はきちんと覚えるようにしています。
まず名前を聞いて、何回も呼ぶことで覚えます。

名前はなんて言うの??

太郎君

○○太郎です!

と、元気よく教えてくれます。
家に帰って復習もします。

こうして聞いていると、

次郎君

何コーチって言うの〜??

と、僕の名前を聞いてくれる子が出てきます。
僕も、

ばりコーチだよ〜!よろしくね!

と元気よく返事をします。

先週僕の名前を聞いてくれた子が何人かいましたが、今回の体験会では、もう僕のことを「ばりコーチ!」と呼んでくれました。

子供の記憶力は素晴らしいですね。

 

手を繋ぐことや抱っこ

体験会に来る子は、ついこの間まで幼稚園、保育園に行ってた子です。
人なつこい子は、すぐに手を繋いだり、自分のことを話してくれます。

たくさん手を繋いで、たくさん話をしていると、両手を広げて抱っこのポーズをする子が出て来ます。
たくさんの子が寄って来て、みんなが抱っこをせがんで来ることもあります(笑)

もちろん抱っこしてあげています。

 

選手達とのコミュニケーション

名前を呼びあうことで、コミュニケーションは取りやすくなります。
短い時間でも、たくさんの話を聞いてあげます。
そして、会話の中で褒めてあげられる部分を探し、あるいは、褒める部分を作り出し、

「太郎は○○がすごいんだね」

と褒めてあげます。

こんなことを続けていると、選手の目線では、「ねぇねぇ、ばりコーチ〜」と手を繋ぐことも、抱っこをせがむこともハードルが下がるのだと思います。

せっかく体験会に来てくれたのですから、体験会から選手との信頼関係を、きちんと考えてコーチングしていきたいですね。
僕と選手の信頼関係については、また別の機会に書きたいと思います。

参加しています!ぽっちとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村




-サッカー

Copyright© 走ったり 蹴ったり 悩んだり , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.