少年サッカーのコーチが 日々のあれこれを のんびり書くブログ

走ったり 蹴ったり 悩んだり

サッカー

サイレントサッカー

投稿日:

昨年、イングランドのサッカー協会が、ジュニア世代の育成のために作ったルールが話題になりました。
その中の2つを紹介したいと思います。

 

背景

日本の少年サッカーにおいても、よく見る光景があります。
皆さんも一度は見たことがあると思います。

保護者の方達が応援席から選手に呼びかける。
あるいはベンチからコーチが指示をする。

『いけーー!』
『走れーーー!』
『マークしろ!』

サイドコーチングに関しては、昔はほんと多かったんですけど、最近はサイドコーチング禁止に取り組むチームも多く、少なくなりました。

とは言え、まだまだ見ます。

ジュニア世代の選手達から判断を奪う声がけは、本当によくありません。
サッカーの後進国である日本でよく見る光景だと思っていましたが、サッカー発祥の地であるイングランドでルール化されたということは、先進国も同じようですね。

 

ルールの紹介(一部)

サイレント・サイドライン・ルール

観客は叫ぶこと、選手への声がけなどが禁止されます。
素晴らしいプレーに対して、両チームに拍手を送ることのみを許されています。

ノー・インストラクションズ・ルール

コーチは試合中に選手に指示をしてはいけません。
考えさせる質問のみです。

 

これらは本当に育成年代に必要な取り組みだと思います。
また、たまにはコーチもベンチに入らず、全てを選手達に任せることも大切だと思います。

コーチや親は外側で、選手達を見守ってあげなくちゃいけませんね。

 

参加しています!ぽっちとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村




-サッカー

Copyright© 走ったり 蹴ったり 悩んだり , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.