少年サッカーのコーチが 日々のあれこれを のんびり書くブログ

走ったり 蹴ったり 悩んだり

サッカー

やり直す

更新日:

味方からパスをもらった時、味方につなぐためにどうするか??
ドリブルをする。
パスをする。
まぁどちらかですよね。

低学年も高学年の試合でも、サイドの選手がパスをもらった時に、よく見る光景があります。

 

サイドでパスを受ける

まずはパスをもらう前に、周りを見ておくことが大事になります。
大抵の選手は進行方向の状況は確認しています。

ただパスをもらった方向と、後ろの状況を見ることが疎かになっていることがあります。

センターバックのA君から、左サイドのB君にパス。
そしてB君から前にいるC君へ。
C君は行き場がないので再びB君に戻します。

ここからがよく見る光景です。
再び受けたB君ですが、相手選手がすぐに詰めてきます。
すると慌てるのか、もう一度行き場の無いC君にパスを出します。

 

やり直そう

C君は行き場がなく、B君に戻すことでもう一度攻撃を組み立てようとしています。
B君が2度目にボールを受けた時、A君がフリーになっていることを見ていません。

そのため、同じ方向から、同じ攻撃を仕掛けようとしてしまうようです。

怖いんですよね。
相手が詰めてくると。
取られたらピンチになっちゃいますからね。

僕自身もDFの経験があるので、B君の気持ちは痛いほどわかります。

B君は自分で慌てていることに気が付いています。
なので、A君やGKに、自分自身が相手いることをアピールするように声をかけます。

僕自身もC君が詰まってしまった時に、

『(攻撃を)やり直そう!!』

と声をかけています。

するとB君はC君に戻すのではなく、A君にパス。
そこから逆サイドに展開することができるようになります。

繰り返し繰り返し声をかけることで、必ずできるようになります。
できたときは僕自身も嬉しくて、思っきり褒めてあげます。

不思議なことに、一度できてしまうと次からはもっと落ち着いてプレーできるようになります。

B君の中で選択肢が増えたことで、余裕が生まれるようですね。

 

 

参加しています!ぽっちとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村




-サッカー

Copyright© 走ったり 蹴ったり 悩んだり , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.