少年サッカーのコーチが 日々のあれこれを のんびり書くブログ

走ったり 蹴ったり 悩んだり

サッカー

コーチングの勉強

更新日:

 

息子がサッカーを始めた時、「あぁコーチになりたいなぁ」と思いました。
でもね〜、プレイヤーとしての経験はあるものの、コーチングについてちょっとね・・・

とりあえず1年間はコーチングの勉強をしようと決めて、勉強開始。
写真の本は、そんな時に特に勉強になった本です。

写真上の三冊は、いろんなコーチから進められた「池上正」さんの本。
指導とは何か?考えさせるには、どんな声がけをすれば良いのか?
そして、チーム内で自分の子供とどのように接すれば良いのか?などなど・・・

また別のジャンルなのですが、自分のバレエ教室の教え子達を、あの「劇団四季」に何人も送られている指導者とお話しする機会があり、コーチングについて相談しました。

バレエ先生

児童心理学を勉強すると、子供達の気持ちに寄り添ったコーチングに役立ちますよ。

と即答でした。

いきなり難しい勉強だと飽きてしまうので、まずは簡単なものから手を出そう・・・と思い、購入したのが写真下の二冊。
わからない言葉はネットで調べ、コツコツとお勉強。
子供達の心理的発達が少しだけわかります。

「指導はいろんなやり方があります。」と言いますが、平均的な一般的な指導ってなんでしょう?
まずはそれを学習して、応用していこうと思いました。

そこで日本サッカー協会のD級コーチライセンスを取得しました。

いろんな人の指導や、たまたま良いタイミングでコーチにお誘いいただき、ちょうど一年でコーチになることができました。

いつも思うのは、日々勉強が必要ということ。
これからもコーチングについて学習し続けなくちゃね。

参加しています!ぽっちとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村




-サッカー

Copyright© 走ったり 蹴ったり 悩んだり , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.