少年サッカーのコーチが 日々のあれこれを のんびり書くブログ

走ったり 蹴ったり 悩んだり

サッカー

ディフェンス

更新日:

小学生時代は特にですが、得点が多い子や華麗なパスを出す子が、サッカーでは花形の選手ですよね。
ポジションで言えば、トップやトップ下の選手でしょうか。

ディフェンスは、縁の下の力持ちのような感じで、子供達の中では目立てるポジションではないようです。

 

攻めと守りの指導の割合

ワンツー、広い方へドリブルなどなど。
攻め方に関するフレーズはよく聞きます。

では守り方はどうでしょう?

詰めよう!くらいしか聞かないんですよね。
僕の印象ですが、攻め方に比べて守り方に関する声がけなどが疎かになってる気がします。
点を取らなくちゃ勝てないので、仕方ないのかな。

 

守り方の基本

①自分のマークとゴールを結ぶ線上に立つ
②ボール持っている選手と自分のマークの両方が見える
③マークにパスが出たときに、インターセプトできる距離

いつもこの3つを考えて動くことができれば、ディフェンスはできると思います。

 

教え方

どうしたら守れるのかを考えさせなければならないので、難しいです。

インプレー中

どこに立てばシュートされないかな?
ボールとマークの2つを見るには、体の向きはどうすればいいかな?
ボールを奪うには、どれくらい近くで待ってればいいかな?

そんなふうに声をかけています。

アウトオブプレー中

ゴールキック、コーナーキック、スローインのときです。
ボールが外に出たときは、すぐに頭を使わせます。

味方の位置と相手の位置を確認させます。
それから、

手を伸ばして相手の背中に届くところまで近づいてごらん?

と、教えます。

しばらく同じ声がけをします。
そのうちアウトオブプレーになったらすぐに、

いまは何の時間かな?

と言えば、さらに良い方法を考える子がいます。
攻めるためには、ボールを奪う必要があります。

奪って攻めに展開できるように、ディフェンスについてもきちんと指導していきたいですね。

 

参加しています!ぽっちとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村




-サッカー

Copyright© 走ったり 蹴ったり 悩んだり , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.