少年サッカーのコーチが 日々のあれこれを のんびり書くブログ

走ったり 蹴ったり 悩んだり

サッカー

サッカーとフットサル

投稿日:

フットサルの大会がありました。
少年団の中にも、フットサルのスクールに通っている選手が多くいます。

フットサルで学べる技術

フットサルのスクールに通う選手を見ていると、以下のようなことがとても上手です。

・足裏のコントロール(インロールやアウトロール)
・相手の逆を取る動き
・インターセプト
・パス
・ライン際でのボール扱い

フットサルでは、狭いコートで少人数で行うため、ボールに触る回数が多く、攻守の切り替えがたくさん発生します。
ボールコントロールが上手になる一方で、コートが狭いため、早い判断が必要になります。

サッカーで活きる点とサッカーから学ぶ点

フットサルの技術はサッカーでも活きます。

ボールコントロールがうまいため、コートサイズがフットサルコートより大きいことで、次のプレーの判断までに余裕が生まれます。
ただ、小学生では、若干視野が狭く、遠くの選手を見れていなことがあります。

DFに囲まれた時のボールさばきはとても上手です。
ダブルタッチやロール系のドリブルで、囲まれてもボールを奪われづらいです。
ただ、こねくり回し過ぎな場面も・・・
スピードに乗ったドリブルや、そのドリブルスピードからのパスが課題のようです。

DFのとき、ボールと相手選手が近くに位置している時には、インターセプトが上手です。
ただ、相手FW選手が走り込んできた時の対処、具体的には距離感がつかめないようです。

まとめ

どちらがいいとか、悪いとかという話ではありません。
どちらもとても良い競技です。

たくさんボールを触って、友達を作って、ボール蹴りを楽しみましょう!!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村






-サッカー

Copyright© 走ったり 蹴ったり 悩んだり , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.