少年サッカーのコーチが 日々のあれこれを のんびり書くブログ

走ったり 蹴ったり 悩んだり

サッカー

インサイドキックは基本?

投稿日:

サッカーでは、ボールを蹴るための1つの手段に『インサイドキック』というものがあります。

Googleでインサイドキックを検索すると、色んなHPが出てきます。

初心者必見とか、インサイドキックの蹴り方とか、インサイドキックは基本みたいな。

で、どれを見てもなるほどなるほどと思うことが書いてありますが、全ての年齢でできるものなのでしょうか?


いつからやる?

では、インサイドキックはいつから始めるのでしょうか?色んなチームの選手達を見ますが、低学年ではインサイドキックが出来ない選手がたくさんいます。

でも『基本だから』と、コーチも選手も一生懸命。3-4年生になるとできる選手が増えてきます。1-2年生からの努力の賜物でしょうか?

違う気がします。

インサイドキックが出来ない理由

低学年の選手は、つま先を外側に向ける筋力が発達していません。だからインサイドキックのパターのような型を作ることができません。

ついつい見落としがちですが、同じ理由でインサイドでトラップすることもできません。

そもそも人間の足は、歩くとか走ることが想定されているので、股関節と膝が正面を向いているときにスムーズに動かせます。

インサイドキックのように、膝が外を向くと、可動域も狭まるので、窮屈ですよね。

ただ、個人差がありますが、3-4年生になると筋力の発達に伴い、インサイドキックができるようになります。

蹴りやすい蹴り方

僕自身の考えなので、もちろん正解ではありませんが、僕は低学年のときから、無理にインサイドキックをやる必要はないと考えています。

恩師が視察したバルセロナの下部組織でも、インサイドキックだけではなく、キックの方法を教えていないようです。

インステップキックやトゥキックでは、股関節と膝が正面を向いた状態で蹴ることができます。インサイドキックでは、軸足を受け手に向けるので、パスコースも読まれやすいです。

でもインステップやアウトサイド、トゥキックなら、ピッとボールを蹴ることが出来るので、読まれづらいですよね。

何よりもボールを蹴らないとつまらないけど、蹴ることが出来ればたのしいですよね。

楽しさの中から、だんだんと技術を身につけましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村




-サッカー

Copyright© 走ったり 蹴ったり 悩んだり , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.