少年サッカーのコーチが 日々のあれこれを のんびり書くブログ

走ったり 蹴ったり 悩んだり

サッカー

負けることにタフになろう

投稿日:

サッカーでは、主にリーグ戦やトーナメントの2種類の試合形式があります。
トーナメントの試合は、低学年の子供達も緊張感を持って戦うようになりました。

 

選手達の力

対戦相手の強さ、やりにくさ、グラウンドの状態、選手間で意思疎通ができていないなどなど・・・
いろんな要素が入り交じって、選手達も「今日の俺たちなんか変だぞ?」ってなっています。

今の状況を伝えてあげることで、だいたい落ち着いてくれます。

 

負けること

トーナメントは一回でも負ければ、その大会を去らなければなりません。
選手達もいつも以上に気合いが入っていたり、緊張しているのが伝わってきます。

今回の大会では、前半はバタバタとしていましたが、後半は落ち着きを取り戻し、良いサッカーができたと思います。

子供達は優勝する自信があったようです。
でも、2回戦で0対0からPK戦になり、負けてしまいました。

 

泣くなよみんな

いつも通りのプレーができなかった選手。
PKを外した選手。
とにかく頑張った選手。

試合終了のホイッスルが鳴ると、わんわんと泣き始めました。

少しだけ話をして昼食を取るように言っても、その場を動かず、しばらく泣いていました。
大人の僕が介入しなくても、選手同士でなんとかするだろうと思い、その場を離れました。

 

負けることにタフになろうよ

でも、その悔しい気持ちは、どのように次に繋げれば良いのでしょうか。
そんなことを考え、マーカーを置いて、1人でドリブルの練習を始めました。

すると、何人かの選手がよってきて、一緒に始めました。
しばらくすると、たくさんの選手が「俺も俺も」とよってきて、ドリブルしてました。

言葉も大切ですが、何をやらなくちゃいけないのか、何をすれば次に繋がるのか、行動で見せてあげるのも大切ですね。

少しずつ、負けることにタフになって、どんどんサッカーやスポーツの楽しさを学びましょう!
僕も勉強しよ!

 

参加しています!ぽっちとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村




-サッカー

Copyright© 走ったり 蹴ったり 悩んだり , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.