少年サッカーのコーチが 日々のあれこれを のんびり書くブログ

走ったり 蹴ったり 悩んだり

サッカー

選手達の自信

更新日:

 

失敗をすごく嫌がる選手っていますよね。

失敗を笑われたり、失敗を責められたりした経験があるのかな。

どこのチームにもいますよね。

僕のチームにもいました。

 

課題設定

DFだった彼は、コーナーキックのとき、大体ペナルティーエリアの外にいました。

こぼれ球がくれば、仲間にパス。

『こぼれ球はチャンスだから、ロングシュートも狙ってみよう』と課題を設定しました。

 

チャレンジの継続

しばらくするとロングシュートを打ちました。

緊張や不安があり、インステップには当たらずボールは大きく外れ枠外へ飛んでいきました。

失敗でしょうか?

チャレンジしたことと、こぼれ球へのアプローチの仕方は良かったんです。ただ軸足の置き方が良くなかったのです。

『今のでいいんだよー。アプローチは良かったよ。次はしっかり踏み込んでみよう!』

何回かチャレンジしていると、しっかりと踏み込んでシュートを打つようになりました。

それでも外します。

失敗でしょうか?

よかった部分を褒めながら、シュートを打つときの上半身のバランス、軸足の位置、インパクトのときにボールが足に当たる場所、フォロースルーの足などなど。

少しずつ出来るようになってきました。

何度も何度もチャレンジしてくれました。

 

やったね!

ロングシュートの動きを細分化し、何が良くて何を修正しなくちゃいけないのかを伝えてあげることで、失敗しても大丈夫な気持ちが育ったようです。

最終的に、ドーーーーーーンと豪快なロングシュートを決めてくれました。

そのときの彼のガッツポーズが忘れられません。

その後彼は、ロングシュートだけではなく、ゴールに近づけそうなときはトラップして、ドリブルしてシュートするようになりました。

 

子供の力って、本当にすごいですね。

悪戦苦闘しながら、今日もがんばります!

参加しています!ぽっちとお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村




-サッカー

Copyright© 走ったり 蹴ったり 悩んだり , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.